祝電を送る際には、日時や場所を間違えないことを大前提に、相手にあわせて送る形式や文章を考えて送りましょう。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電を送る際のポイント

結婚式等のおめでたい席において参列できない場合、祝電は、昔も今も変わらず重宝されています。遠方に住んでいる場合や、仕事や体調不良等、お祝いしたい気持ちがあっても、その場にかけつけることができない際に、電報は大変便利です。祝電を送る際、大事な点として、結婚式の日時や場所等を間違えないことは大前提です。電報を送る前に、日時や、会場名だけでなく、新郎新婦といったおくり先の名前をしっかりと確認し、手違いがないようにすることが重要です。祝電を送るタイミングを間違えないことが最大のお祝いでもあり、送る上での基本です。

また、最近では電報も様々な種類があり、ただお祝いの文章を送るというだけでなく、フォトフレームやアルバム、ぬいぐるみや、フラワーアレンジメントといった工夫をこらしたアイテムを一緒にプレゼントすることができるので、祝電が何通も送られていた場合も、他と差別化することができます。ひと工夫ある祝電は、文章だけでは伝わりづらい相手への思いや、気配りも伝わるので、印象深いものにすることができます。年齢、好み等にあわせて、文章や、電報の形式をじっくり考え、送ると良いでしょう。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.