バラエティ豊かな結婚式の祝電は、忌み言葉や句読点など書き方に注意し、披露宴開始前には届くようにしましょう。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

書き方に気をつけて結婚式の祝電を出そう

結婚式の祝電は、式を欠席する人が新郎・新婦へお祝いの気持ちを届けるためのものです。台紙を使った電報以外にも、ぬいぐるみやバルーン、花などが添えられた電報もあり、バラエティ豊かです。新郎・新婦が好きなキャラクターのぬいぐるみを添えたり、送りたい花言葉の花を添えたりしても素敵です。お祝いの気持ちを届ける結婚式の祝電ですが、書き方にはマナーがあり、注意しないとせっかくの祝電が残念なものになってしまいます。

まず、「忌み言葉」は避けましょう。例えば、切れる、別れる、戻るという言葉は別れを連想させますし、重ね重ね、たびたびという言葉は再婚を連想させ、結婚式にはふさわしくありません。また、句読点も終わりや区切りを意味することから、結婚式では使用しないことになっています。メッセージの内容に不安がある方は、結婚式や祝電に詳しい方へ相談したり、送る前に見てもらうと良いでしょう。祝電を送るタイミングですが、祝電は披露宴の最中に読まれることがほとんどですので、前日かもしくは当日の披露宴開始1時間前には会場へ到着するよう指定します。書き方に注意しながらお祝いの気持ちをこめた祝電を出しましょう。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.