祝電には色々な種類がありますが、私は手紙だけのスタンダードなものが経済面でも相手の事を考えてもおすすめです。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電の種類に関して考える

祝電と一言で言っても色々な種類があります。手紙だけのもの、ぬいぐるみがついたもの、花をあしらったものなどです。値段もピンからキリまであります。スタンダードな手紙だけのものは比較的安いです。ぬいぐるみ付きは、そのキャラクターによってはものすごく高いものもあります。花をあしらったものも、生花と造花とでは値段の差が激しいです。

私は、スタンダードな手紙だけのものしか今まで送った経験がありません。値段は安いものであると一目瞭然ですが、お金よりも気持ちだと思っています。また、ぬいぐるみなどは、好き嫌いもあり、処分の際も困るので、避けるほうがよいのかとも思います。生花はいずれかれますが、造花も同じ理由で処分しにくいと思います。手紙だけのものでも、そのデザインはこだわる事ができます。可愛らしいデザインや和風、洋風なデザインなど、そのデザインは多種で選択するのに迷います。デザインで個性を出せば立派な祝電になると思います。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.