祝電は相手にお祝いの気持ちを伝えるための重要なものです。相手に贈ることで本当の気持ちを伝えられると思います。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電の様々な種類について

祝電とは、お祝い事があったときに相手にお祝いの気持ちを伝えるための電報のことです。一番よく聞くのが、結婚式や入学式、卒業式などですが、他にも祝電を送ったり送られたりすることが沢山あります。例えば出産や誕生日、開店・開業記念、優勝記念、大会出場、新築、長寿などがあります。

結婚式での祝電は披露宴で紹介されます。文末に差出人の名前を書いておかないと誰からの祝電なのかわからなくなるので注意しておくといいと思います。そして、送るときは結婚式場宛てに祝電を送ります。最低でも式の一時間前までには届くようにしておくといいと思います。

結婚記念日の電報は銀婚式、金婚式を祝う祝電を送りますが、ご両親から息子娘の夫婦にサプライズとして送るのもいいと思います。出産祝いの祝電は、無事な出産を祝う気持ちを伝える祝電と、無事に我が子が生まれたということを両親や祖父母、親戚などに報告するためのものもあります。病室には電話がありませんので、祝電で出産祝いをするというのはとてもいいことだと思います。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.