祝電は色々な時に贈ることが可能です。内容も贈る用途によって少し変えてみるといいと思います。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電の送り方と内容について

祝電にはいくつかの用途があります。一つ目は誕生日を祝う祝電です。会社のサービスによっては祝電と一緒に花束やフラワーアレンジメントを届けてくれるものもあります。お祝いの祝電は記念として保存しておくことが可能です。貰った人はアルバムなどに保存しておくととても良い思い出として残せると思います。

二つ目は合格・入園・入学を祝う祝電です。基本的に配達日の一か月前から申し込みをすることが出来ます。入学・入園の祝電の際は早めに申し込んでおくといいと思います。合格祝いに関しては合格が決まってからでないと送れないので、結果を聞いたらすぐに祝電を送るようにするといいと思います。

三つ目は開店・開業の際の祝電です。こちらも一か月前から受付を開始しているところが多いので早めに手配をしておくといいと思います。花束やフラワーアレンジメントを一緒に贈ることも可能です。さらにはメッセージカードを一緒に贈るのもいいかもしれません。注文の際にメッセージカードも一緒に贈るようお願いをすれば問題ありません。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.