コミュニケーションの手段としては、メールが圧倒的大多数を占めますが、祝電や手紙を上手に活用したいものです。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電や手紙を上手に活用

インターネットの登場で、コミュニケーションの手段はメールが大半を占めるようになったと思います。実際、時間を気にせず相手にメッセージを送ることが出来ること、そして送信を押した次の瞬間には相手に届くと言う便利さは、他に勝るものなしだと思います。私も、そんな利便性を最大限活用している一人と言えると思います。

けれど、それと同時に、今まで使っていた他の手段に触れると、妙に感動してしまうものです。メールが利用できるのにもかかわらず、わざわざ直筆での手紙を書いてもらったり、祝電という形で受け取ったり、こういうひと手間が垣間見れると、妙に嬉しく感じてしまいます。常日頃という事で言えば、やはりメールが圧倒的に便利ですが、要所要所では、使い分けるのも良いですよね。祝電や手紙は、中々出番が少ないので、いざという時はどうしたらいいのか戸惑ってしまいますが、自分が受け取り手になったことを考えると、それだけの価値はしっかりあるものだと思えます。上手に活用したいものです。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.