機会があれば、祝電をおくってみたいと思っていますが、どうにもタイミング良く、そういった機会に恵まれません。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

もっと気軽に祝電を利用したい

今までに、何回か祝電をもらったことのある私ですが、ふと考えてみると、私から祝電をおくったことはありません。個人的なメッセージであればあるほど、その意外性や嬉しさは一入だと思うので、機会があれば利用したいのですが、中々タイミング良くはいかないようです。

けれど、変に身構えてしまい、難しく考えすぎていることが敗因かもしれません。どうしても、普段使っているメールや携帯のアプリに馴染んでしまっているのか、他の手段になると、妙に緊張してしまいます。けれど、もっと自由な発想で気楽に利用して良いのではないかと思うのです。

祝電をおくるなら、何かそのきっかけとなる事柄や行事がないといけないと考えてしまいますが、特別な時だけではなく、お祝いをしたいと思えるなら、それが日常の事でも良いと思うのです。何気ないことでも、お祝いされる方は嬉しいでしょうし、もっと気軽に利用してみるのも良いと思うのです。時には、難しく考えすぎてしまうことこそが、一番の障害だと思う私です。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.