祝電のメッセージは、定例文や用意された文例集から選びがちですが、自分の言葉を添えるともっと素敵になります。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電のメッセージを親しみのある素敵なものにしよう

祝電のメッセージと言えば、やはり文例集のように用意されたものではなく、きちんと自分の言葉で伝えたいものだと思います。もちろん、祝電を受け取る相手にもよりますし、場合によっては個人的なメッセージが無い方が望ましいということもあるかと思います。けれど、家族や友人のように親しい間柄であれば、やはり既に決まった文ではなく、自分の言葉で気持ちを伝えたいものです。

これは、実際に受け取る側となって考えてみれば、簡単に分かることだと思います。どうしても聞きなれた言葉であったり、普段から相手が使う口調とは違っていると、よそよそしく感じてしまうと思うのです。せっかく祝電をおくったのに、逆に自らその価値を下げてしまっている様で、これでは少々残念ではないでしょうか?何も定例文の使用が悪いというわけではありません。最近は、用意されている文も、素敵なものも多いですし、種類も豊富です。ただ、そこに、自分でも一言添えると、受け取り手に親しみを感じてもらえますし、もっと良いのではないでしょうか。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.