メールやSNSでの言葉の遣り取りが当り前となっていますが、お祝いには心を込めて祝電を打ちましょう。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

お祝いには心を込めて祝電を打ちましょう

昨今はパソコンやスマートフォンの普及に伴い、家族や親しい友人と連絡を取る際には、メールやSNSの活用が増えており、連絡を取ろうと思ったら即連絡することが出来る事もあり、多くの皆さんがメールやSNSを便利に使う様になっています。

然しながら、電子媒体による連絡では、大事な場面に於いては、連絡を送る側も送られた側も物足りなさを感じることもあります。特に心を込めたお祝いの言葉の場合には、紙の文書とする事が望ましいのではないでしょうか。但し、普段書き馴れていない自筆で手紙を書くのは苦手という皆さんも多いかと思います。その様な場合には電報による祝電を打ちましょう。電報であれば記載する内容は自由に出来ますし、文書のデザインも内容に合わせた幾つかの候補の中より選択する事ができますので、送られた側も何時までも記念に残しておきたくなるのではないでしょうか。

今では電報を利用した事のある人は少ないかも知れませんが、電報依頼の手続きは難しいものでは有りませんので、大事な場面に於いては電報による祝電をご利用下さい。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.