祝電の種類によって注意点がありますが、電報は、早めに手配することが可能なため、余裕を持って手配することです。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電の贈り方について

冠婚葬祭などに電報を送ることで、日頃の感謝の気持ちなどをさりげなく届けることができます。祝電の種類によって贈り方に注意点があります。結婚式の場合は、披露宴に間に合うように余裕を持って手配をします。午前中であれば前日に、午後からであれば、披露宴の始まる2時間前ぐらいには届けることがベストです。また、結婚式の場合は、演技の悪い言葉や再縁・再婚をイメージさせるような重ね言葉を使ったメッセージは控えることです。

人事・就任の場合は、正式な辞令が発表されてからになりますが、1週間以内に届けることです。また、内定で電報を出す場合には、宛名の役職を就任前のものにすることが一般的とされています。他にも、叙勲褒章で送ることがあります。叙勲や褒章は、種類や名称が多いため、賞の名称を間違えないように注意が必要です。授与式の当日もしくは、2、3日以内に届くようにします。叙勲と表彰では、「じゅしょう」の文字が違うため注意します。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.