秘書の仕事でよく手配することになった祝電には、今まで知らなかったことがたくさんありました。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

知れば知るほど、ステキな祝電

以前、秘書の仕事をしていたので、祝電手配を日常的にしていました。その業務に就くまでは、あまり馴染みがなかったのですが、手配するようになって、思っていた以上に台紙の種類や文面があることに驚きました。刺繍や漆塗のものや、ぬいぐるみやブリザードフラワーが付いているものまであるとは!文面も、ビジネス用のかしこまったものから、温かみやユーモアのあるものまでさまざまで、定型文例集を読んでいるだけでも興味深いです。

電報センターのスタッフのかたも、あたりまえですが、たくさんの方がいらっしゃるのですが、感じのいい方ばかりです。社員教育がすごく行き届いていて素晴らしいなあと、いつも思っていました。名前や住所の確認の時の、漢字のわかりやすい表現のしかたも、マニュアルが良く考えられているなあと、同僚たちとよく話していました。祝電は、ずっと手配するばかりでしたが、自分が結婚する時に、初めていただく側になりました。とっても、嬉しいものですね!宝物になりました。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.