どうしてもいけない結婚式の時には祝電を送ります。初めての時には例文などがあり簡単に送ることが出来ます。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

結婚式に祝電を送ろう

友人や親族の結婚式に参加するのは幸せをもらえる気がします。しかし、結婚式に参加したくても用事がありどうしても参加できないときや、招待はされていないが、お祝いを言いたい人がいる場合は祝電を送ります。祝電を送るためには、結婚式場の住所が分かっている必要があります。そして、新郎新婦の名前もきちんと漢字で間違えないようにしましょう。新婦宛てに送る場合は、旧姓を使います。

初めて祝電を送る場合はどのような文章にしていいのか分からないことが多いです。そのため、祝電の例文が用意されています。出来るだけインターネットで書き方を調べたりして、自分で文章を考えたほうが一番いいですが、急ぎの場合などは例文を使っても大丈夫です。料金は、文字数で変わります。文字数が多くなると、どんどん金額が上がっていきます。そして、電報代金以外に台紙の金額が別途かかることになります。台紙以外にもいろいろ種類があるので、素敵なものを選びましょう。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.