知人の結婚式披露宴に祝電を打つことにしました。色々なものがあり、今でも存在感があることに感心しました。

同僚の結婚式に祝電を送る
同僚の結婚式に祝電を送る

祝電は今でも文化としての価値がある

取引先の担当者から、結婚をすることになりました、と報告を受けました。結婚式は親族のみで行い、披露宴はそこに個人的な友人のみを含めた形で行うそうです。つまり、出席の必要はないとのことでしたが、何もしないわけにはいきません。大切なお客様ですから。そこで、ご祝儀だけでは味気ないので披露宴に祝電を打つことにしました。今まで、電報というものを打ってことがないので、一から調べてみました。

色々なものがありました。台紙、文面。更に、風船付やぬいぐるみ付なども選べます。先ずは台紙を選び、文面を決めました。文面は用意されたひな形のまま使うのではなく、少しアレンジを加えました。更に、ぬいぐるみ付にしました。新郎側の知人として送るので、逆に面白いと思ったからです。当日の会場の雰囲気が想像できないので、うまく盛り上がってくれるかどうか心配ですが、後日の話題にはなるだろうと思い、それに決めました。

今回初めて電報を打ったのですが、携帯電話やインターネットが普及した今でも、ちゃんと存在感があることに感心しました。利便性というアドバンテージを失っても、文化としての価値は十分に感じました。


Copyright(c) 2017 同僚の結婚式に祝電を送る All Rights Reserved.